淀川ネイチャークラブ

淀川ネイチャークラブは、家族で身近な自然と触れ合う観察会をと、平成二年に、故小竹 武会長 を中心に結成されました。
ツバメ調査に関する本や藤波不二雄著「矢倉海岸を訪れた野鳥たち」を発行。
又、草花・昆虫・野鳥・水生生物・魚・地質・化石等の分野にリーダーがおり、観察会で活躍しています。

関東支部は、私、加藤が東京に転勤した事から、藤波副会長を中心に関東周辺の野鳥を観察したりしています。

トップページ

故小竹会長

大阪十三干潟定例観察会

藤波副会長と、「鳥くん」ことミュージシャン永井真人さん

淀川ネイチャークラブでは宇宙メダカ研究会と協力し、新大阪駅待合室にメダカ水槽を展示しています。
宇宙メダカとは、1994年7月スペースシャトルコロンビア号で向井千秋さんが宇宙へ連れて行き、
繁殖に成功したメダカの子孫達です。
2007年4月21日、水槽メーカージャックス様協力の下、東大井尻教授を招いて水槽の入れ替えを
行いました。
新大阪駅を利用する時は、時間があれば覗いてみてください。