プロフィール
プロフィール
名   前 加藤 隆司
生年月日 1960年7月30日 獅子座A型
撮影場所 主に北海道全般、上高地及びその周辺、富士山周辺、伊豆、 他鳥がいる所
所属団体等 淀川ネイチャークラブ
日本野鳥の会
静岡大学写真部OB会
カメラの記録 1974年 最初のカメラ、PENTAX SPU 入手。
1980年 静岡大学写真部入部。  (主にモノクロで風景写真を撮影)
1990年 PENTAX SF-7 入手。  この年より本格的にリバーサルフィルムでの撮影を始める。
1995年 淀川ネイチャークラブに入会する。 PENTAX Z-1P 入手。
1996年 CONTAXシステムを追加。      CONTAX RTSUCONTAX AX 入手。
1999年 東京転勤を機に、淀川ネイチャークラブ関東支部を作る。
2001年 PENTAX MZ-S 入手。
2003年 PENTAX istD 入手。 デジタル化及び本格的に野鳥撮影開始。
2005年 ホームページを立ち上げる。
2006年 Nikon D-200Nikon F-5 入手。
      4月、従来のPENTAX中心のシステムから、
Nikon中心に変更。
      SONY α-100 入手。
     
7月、CONTAXシステムをSONY αシステムに変更。
2007年 フィルムモードが楽しめるFUJIFILM S5-Pro入手。 ネイチャーフォトに活用。
      リバーサルはαシステムの
α-9を入手。     ポートレート、花等汎用にα700を入手。
2009年 メインシステムがSONYとなり、デジタルはα900、フィルムはα9を使用。
     一方、鳥や汎用には、Nikon D-300を使用。
2010年 SONYに続きNikonもフルサイズ化し、D-3を導入。
      風景、ポートレートはメインを
α900、サブをD-3
 
     ネイチャーフォト、野鳥はD-3をメインに。
2011年 風景写真は、メインがSONY α900、サブがNikon D-3
      花などは上記に、135mmF1.8やマクロをプラス
      鳥は、メインが
Nikon D-3、サブがSONY α55
      ババロア撮影会では、メインが
SONY α900、サブとしてSONY α55という体制に。
   2012年 風景写真はメインがNikon D-800E、サブがNEX-7
      鳥はメインが
D-3、サブがD-800E
      ババロア撮影会ではメインが
α77、サブがNEX-7D-800Eという体制に。
  2014年 風景写真はメインがSONY α7R、サブがSONY α99Nikon Df
      鳥はメインが
Nikon D-7100、暗がりなど条件が悪い時にNikon Df
      ババロア撮影会ではメインが
SONY α99、サブがSONY α7RNikon Dfという体制に。 
  2015年 風景はFUJIFILM X-T1 と SONY α7S
     鳥は通常は
Nikon D750 と 暗がりなど条件の悪い時にSONY α7S
     ババロア撮影会は
FUJIFILM X-T1 と SONY α7S で。 
  2016年 結局2015年も機材で悩み、風景とババロア用にSONY α7RUを導入。
      又、鳥用も悩みましたが、高感度を活かすべく
Nikon D3Sを導入。  
  2017年 再びSONY AマウントのSONY α99Uを導入。又、FUJIFILM X-T2も導入。
     そして12年お世話になったNikonマウントから卒業しました。
     風景は
SONY α99UをメインにサブがSONY α7UFUJIFILM X-T2,
     鳥は
SONY α99U、又、遠距離用にNikon P900 を導入。
     ババロア撮影会はメインが
SONY α99U、サブが SONY α7U、FUJIFILM X-T2で。

トップページへ